道草の記録

株主優待・ふるさと納税の返礼品・時々パチンコ

ワクチン後遺症患者を苦しめる経済的困窮 100万円単位の特殊な治療を行うクリニックも

(写真/アフロ)

ワクチン後遺症患者は症状のみならず経済的困窮にも苦しんでいる(写真/アフロ)

 

 すでに開始から2年以上が経過した新型コロナワクチンの接種。「集団免疫を得るために」「周りの人を感染させないように」──“世のため人のため”と銘打って大々的に接種がすすめられてきたが、さまざまな問題が噴出している。

特に深刻なのは接種後に体調が悪化し、日常生活がままならなくなる「ワクチン後遺症」だ。

 

 40代のA子さんは接種直後に手がしびれ、しばらくすると咳が出始め、やがて体の痛みやしびれが全身に広がり、喉がふさがっていくのを感じた。接種から1年半近くだった現在も原因がわからない症状に苦しんでいる。

 

 30代のB美さんは、2回目接種の2週間後から少し感じていた胸の痛みや息苦しさに加えて胃が働かなくなり、2週間で体重が7kgも減った。

 

 40代のC子さんは、一昨年6月に2回目接種をした当日から人生で感じたことがないほど体調が悪化し、倦怠感とふるえと痛みがひどくて、1秒たりとも同じ姿勢でいられない状態になった。

極度の倦怠感で寝たきりになり、しばらく休息すると体力が回復するが、そのうちまた悪くなることを繰り返している。

 

 八方ふさがりの状況にさらに追い打ちをかけるのが、経済的な困窮だ。夫婦共働きで暮らしていた前出のA子さんは接種後の体調不良で働けなくなり、家計は瞬く間に火の車となった。

 

「最初は有給で仕事を休みましたが、体調の回復が見込めず、復帰が難しかったため結局退職せざるを得なかった。

 

 収入が減ったうえに医療費の負担が大きくなって首が回らなくなり、コロナ特例の緊急小口資金などで計80万円を借りました。

借金なのでいずれ返済する必要があるのに、いまだに働けるめどは立ちません。私を含め、ワクチン後遺症の症状は長く続く人が多い。

SNSでつながっている後遺症患者の中には『貯金が尽きた』と嘆く人もいます」(A子さん)

 

 生活の困窮に拍車をかけるのは、高額な治療費だ。ワクチン後遺症の取材を続けるジャーナリストの鳥集徹さんがいう。

 

「大病院で治療を受けられずに渡り歩いた挙げ句、高額な自由診療に走る患者もいるようです。医師や医学界がワクチン後遺症を認めないため患者が医療難民になり、“後遺症ビジネス”にからめとられる恐れがある。後遺症の治療費として、合計で100万円単位になる特殊な治療を行っているクリニックもあります」(鳥集さん)

 

 健康な体や日常が奪われたうえに周囲から理解されずに苦しむ後遺症患者も少なくない。後遺症に苦しみ、手さぐりの状態でSNSを使って治療法を探したB美さんは、同じ悩みや苦しみに直面している患者のために、インターネット上で情報収集や意見交換をする「新型コロナワクチン後遺症患者の会」を設立。

発信を行っていた。しかしそれを見とがめた親族から、面と向かってこう言われてしまう。

 

「あなたはワクチンで助かった人のことを考えていない。自分勝手なのよ!」

 B美さんが静かに語る。

 

「もちろんワクチン後遺症についてさまざまな意見があることや、打っても症状が出ない人がいることはわかっています。

私は自分たちが被害を受けた事実を伝えたいだけ。

 

にもかかわらず『反ワク』とカルト扱いされることもあります。しかも、間近で私が苦しんでいた様子を見ていたはずの家族に否定されるのはあまりにもつらいです」

 

※女性セブン2023年2月16日号