道草の記録

株主優待・ふるさと納税の返礼品・時々パチンコ

小室文書に宮内庁震撼「眞子さまのご意向でここまでこじれてきた」

皇室の懸案事項となっていた秋篠宮家の長女・眞子さまの結婚問題が新局面を迎えた。

結婚を妨げる要因となっていた小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者Aさんとの金銭トラブルについて、小室さんが全28ページにも及ぶ文書を発表。

その内容は、受け取ったお金を返すことを拒否するものだったが、4日後に方針を一転させ、解決金を渡す形で事態解決に向けて進む意志を示したのだ。

 

 この状況について宮内庁は、表向きは“平穏”だが、内部に深い亀裂が入っている。「小室文書」が発表された日の午後、西村泰彦宮内庁長官は会見で、「非常に丁寧に説明されている」「小室さん側と元婚約者の話し合いの経緯について理解ができた」と述べた。宮内庁関係者の話。

 

「西村長官が文書を高く評価したとみる向きがあり、宮内庁には“長官はなぜ文書を認めるのか”と抗議する声が届いています。

 

しかし、西村長官は『経緯は理解した』とは言っていますが、『内容を評価する』とは言っていません。本音では、内容に疑問を抱いているはずです。

 

 実際、ある幹部は“文書を読んで震撼した。あんな一方的で矛盾だらけの論文みたいな文書で国民に受け入れられるはずがない。

何か思い違いしているのではないか”と不満をあらわにしていました」

 宮内庁内部には少なからずそんな鬱憤がたまっている。

しかし、そうした意見が表になることはない。なぜか──。

 

「言葉を失うぐらいの衝撃を受けている。それは『小室文書』についてではない。

内親王である眞子さまが、小室家の借金トラブルの対応に積極的にかかわられ、眞子さまのご意向でここまでこじれてきたことがはっきりしたからだ」

 

 皇室のなかからは、こんな悲愴な声が聞こえてきた。文書発表の翌9日、秋篠宮家の最側近である皇嗣職大夫は会見で、Aさんに解決金を払わないという小室家の基本方針は、「眞子さまのご意向が大きかった」と明かした。

 

秋篠宮ご夫妻も小室文書について、金銭トラブル解決のための対応が目に見える形になるべく努力している、と評価する受け止めをされているそうです。

 

眞子さまのご意向が反映され、秋篠宮さまも紀子さまも、文書を評価された。

文書の公表の方法については、事前に秋篠宮家の側近に相談されていたので、この文書は事実上、秋篠宮家の“公認”のものといえるでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 

 現在に至るまでの小室家の借金トラブルに対する頑なな態度や、それを正当化する文書は、そもそも秋篠宮家の“お墨付き”──そうであれば、皇族方を支える立場である宮内庁職員が身動きを取れないのは当然だ。

「この状況に絶望している」と語るのは別の宮内庁関係者だ。

 

秋篠宮家は“次の天皇家”で、宮内庁として絶対にお護りしなければならない対象です。

忸怩たる思いを抱えていても、眞子さまのご意向を否定することは、誰にもできないのです。

それは、たとえ長官であっても、です」

眞子さまはトラブルに積極的にかかわった

 2年ほど前、「婚約前だから他人の家について何か言うのははばかられる」とおっしゃったのは秋篠宮さまだったが、実際には眞子さまを中心として、小室家の借金トラブルに“介入”。

結果として、一般人であるAさんは追い込まれ、泣き寝入りに近い状態にある。

 

「戦後、歴代の天皇を中心に皇族方は、あらゆる民間の競争や紛争に、徹底して中立を貫いてこられました。

特に、お金や経済に関することには注意を払われてきた。

もし一方に“皇室の権威”が加担すれば、不平等になるからです。

 

 しかし、眞子さまはそうした注意を払われず、積極的にこのトラブルにかかわられ、いまでは、秋篠宮家や宮内庁幹部が一方的な主張である『小室文書』に権威を与えてしまっている。

一般人のAさんにしてみれば、どれほど恐ろしいことでしょうか」(皇室記者)

 

 国民に祝福される形での結婚への道は、果てしなく遠い。

※女性セブン2021年4月29日号

 

東スポWeb

秋篠宮眞子さま(29)との結婚問題で揺れる小室圭さん(29)に2つの大誤算だ。

小室さんは8日にA4用紙28枚に及ぶ「反撃文書」を公表。

実母・佳代さんの元婚約者Aさんから工面してもらった約400万円について「借金ではない」と強調した。

 

その際、新たな証拠としてAさんが「返してもらうつもりはなかった」と話している録音テープの存在を示唆。

〝借金踏み倒し〟イメージの払しょくに執念を見せた。

 

ところが、15日発売の「週刊文春」で今度はAさん側の録音テープの存在が明らかになった。

そこでAさんは「最初から『差し上げます』と言った覚えは僕は一言もない」などと語っており、小室さん側のテープの内容を覆す内容だった。法曹関係者の話。

 

「小室さん、Aさんの録音テープが互いに打ち消し合うような内容。

これだと単なる『言った』『言わない』の水かけ論になってしまう。小室さんサイドとしては目論見が外れた形です」

 

もう1つの誤算は小室さんが突然ブチ上げた「解決金」にまつわる話だ。

Aさんの代理人によると、小室さん側から提案があったのは、ニュースになる直前。

金額提示や支払い期限には触れられていなかった。

 

その上で、代理人は「近日中にも解決金については決断を下します。『もらう』『もらわない』両方の選択肢を考えています」とコメント。

Aさんは金銭問題を〝終わらせる〟ため、昨年11月に一部メディアを通じて「もう返済は求めない」と公に宣言した。

 

それだけに「解決金を提示されても突っぱねる可能性がある。そうなると、一連の金銭トラブルは大きなしこりを残したまま終わることになり、とても国民の理解を得られそうもない」(皇室ライター)という。

 

Aさんサイドは事前通達なしの文書&解決金提案に不信感を抱いており、このまますんなりとはいきそうもない。一連の騒動は一層ややこしくなってしまった。